日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語教師不足

<<   作成日時 : 2008/07/04 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

読売新聞オンラインの教育のページは、面白いのでよくチェックしますが、
今日、このような記事を発見しました。

日本語教師の不足

これを見てびっくりしたんですけど、日本語教育能力試験って、
千人単位しか受験してないんですね。
1万人とか受けているのかと思いました(^^;)。

待遇面に関しては、このブログにも時々書いていましたが、
恵まれたバックグラウンドのある先生達の責任も、
かなり重いんじゃないかと思うんですよね。
やりがいのある仕事はしたい、
でも、扶養枠の中じゃないとだめだから、
お給料これ以上あげなくていいです、
とか、平気で言っちゃう先生も、かなーり存じ上げております・・・。
若手をきちんと育てたい、そのためには、せめて時給面で
全体的な底上げをしようと、教務主任の先生ががんばっても、
上記のように言ってしまうベテランの先生がいて、
お金に余裕のない学校は、こういう先生の方がいいじゃないですか。
結果、若手が去る・・・というのをかなり見てきました。

もちろん、こういう余裕のある先生がいてもいいと思います。
でも、職業として日本語教師を選び、お金をいただいているのなら、
もう少し、自分達以外のことも、考えていただきたいな・・・と思ったものです。
だって、ボランティアじゃ嫌なわけなんですから。
仕事として、日本語教師をしたいんですから、
お金云々じゃないのよ、というのは、
ご自分のプライドとして、心の中に秘めていていただきたいわけです。
裕福なバックグラウンドなんてない、
でも、日本語教師で食べて生きたい若手が、一方ではいるんですから。

そして、そういう余裕のある先生達に寄りかかって、
真剣に待遇のことを考えてこなかった業界全体の責任ってのも、
もちろんあるんですけどね・・・。
難しい問題ですけど、日本語教育で食っていこうという1人として、
流してはおけない問題です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこの記事は読みました。でも、読みながら、とても複雑な気分になりました。
日本語教師の待遇改善が必要だという趣旨の記事だと思うんですけど、この記事に出ていた大学は実際には非常勤を減らして、派遣というシステムを作ってたりするんですよね。こんなイベントをするくらいなら、率先して待遇を良くすればいいのに…。
少子化のこの時代の大学経営を考えるとしかたないとは思うし、うまいやり方がだなぁと思うんですけど、やっぱりとても複雑な気持ちです。
こえんどろ
2008/07/06 18:03
>こえんどろちゃん
この問題は、いろいろ複雑ですよね。
っていうか、日本語教育自体がなあ。
以前、女性問題を中心にしている研究者の人に、日本語教師の待遇を良くしたかったら、日系企業では現地の人は絶対にトップになれないという社会の仕組み自体を変えないとだめだ、と言われたことがあります。
そんな壮大なことを言われても・・・って思ったけど、日系企業での現地職員の雇用とか、そういうのも、私たちの待遇に関係してくるのよね・・・。
とるめんた
2008/07/08 11:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語教師不足 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる