日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語教育と、日本の会社組織

<<   作成日時 : 2008/07/08 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先々日のブログのコメントにちょっと書きましたが・・・。
以前、社会学系(主に女性の地位向上など)を専門としている知り合いとご飯を食べていた時、日本語教師の待遇をあげたいのなら、日本の会社組織を変えないと無理、と言われたことがありました。

例えば、アジア各国、世界中で英語であれば、お金を払ってでも勉強したいと思われるけれど、日本語は割と気軽に、ランゲッジ・エクスチェンジするから日本語教えて?と言われることも多く、日本語を習得するのには、できるだけお金を使いたくないと思っている人も多いらしいです。
それはどうしてか。
彼女の研究の視点で言うと、日系企業と欧米系企業の雇用に差が、そこに出ている・・・と言うのです。

欧米企業に就職した場合、自分に力があれば、国籍関係なく現地法人のトップに上り詰めることが、多くの場合可能。
しかし、日系企業の場合、どんなに自分に力があり、そして会社のために頑張ったとしても、自分が日本人でない限り、現地法人のトップになることはできない。
入る時からそのことがわかっているから、英語には先行投資しても、日本語にはできるだけお金は使いたくない。

た、確かにそうですけど・・・。
いったい、一介の日本語教師に、上記のような問題をどう考え、そのためにどうしたらいいのか。
いまだによくわかりません・・・。
ただ、日本国内の人手不足が問題になりつつある今、そのようなことも改善していくのでしょうか。
そして、私たちに何かできることもあるのでしょうかね・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語教育と、日本の会社組織 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる