日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS もげもげの月

<<   作成日時 : 2008/11/29 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある日の仕事帰り。明日は雨という予報でした。
その話をしていて、空を見るとお月様。
そこで私が発したのが、タイトル。
「えー、でも、お月様もげもげしてないじゃん。傘かぶってないよ。」
その場にいた40代後半、20代後半の同僚男性達は、
「そういえばそうですねー、でも雨なのかなー。」と、会話は普通に進んで言ったのでした。

大体、もげもげの月って?
って、言っておいて自分で言うのもなんですが、皆さん、どんなイメージ?
でも、多分日本語母語話者なら、なんとなくわかるような気がする人がほとんどかも。

中国人留学生で、擬音語擬態語を研究テーマにする人は少なくないですよね。
習得が難しいと感じるようです。
音韻から研究したり、語彙論から研究したり、色々ですが、結局、上記のような意味不明の会話でも話が通じちゃうのは、その擬音語擬態語の持つたった1つの意味を全員が理解しているわけじゃなくて、その状況のコンテキストとか、文化的背景とか、常識とか、そういういくつもの要因を、共有しているからではないか、とその時思ったのでした。
もげもげの月なんて、1つの決まりきった意味なんてないもんね。
でも、天気の話、月と傘、そういう情報を共有しているから、「もげもげの月」自体わかったような気になり、会話が途切れることもない。

言葉って、その言葉だけで成り立っているわけじゃない。
当たり前だけど、そんなことを改めて思ったもげもげの夜でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もげもげの月 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる