日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS EPAがらみで:ベトナム人の看護師さん

<<   作成日時 : 2009/10/07 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この病院のことは、EPAがらみで知っていました。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091007-OYT1T00708.htm?from=main7

それにしても、日本政府って何やりたいんでしょうかね。
どんな人材なら、日本に永住していいの?
彼女たちは、看護師資格まで取っているんですよ。
でも、7年の約束だから、さっさと帰れって?
それって、日本にとっても損失じゃないの。
何考えてるんだ!と言いたいけど、実際、何にも考えてないんだろうなと、冷たく思ってしまう、日本政府のだめだめぶり。

以前、アメリカに行った時に、フィリピン人の看護師の人達にインタビューする機会がありました。
その中で思ったのは、アメリカの良さ(ちなみに私は割と反米、でもいいところはいいと認めますよ)。
言い方を変えれば、飴と鞭の使い方が、うまい!!
入国までの条件はかなり厳しい。
看護師資格についても、フィリピン国内で試験を受けるので、アメリカでそのたぐいの試験を受ける必要はないみたい。
そして、いったん入国すると、まず三年は、受け入れ先の病院で働かなければならないけれど、それが過ぎると、アメリカ国内どこででも、就労が可能。
家族の受け入れも、1年で可能。
特例として、シングルマザーなどは、入国時から、子供同伴が可能でした。

外国人って、結局使い捨てなの?と、外国人じゃなくても、上記の記事を読んだら思うわけ。
外貨獲得目的で来ているって、すぐに出稼ぎ思想を持ち出す人もいるけど、適当に稼いで帰ればいいやって、そう思われる要因が、日本の仕組みにあるのも確かでしょう。
長く働いてもらおうという思想は、この国にはないのか?

久々に、腹の立ったニュースです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EPAがらみで:ベトナム人の看護師さん 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる