日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 私にとってのICT、そして日本語教育

<<   作成日時 : 2009/11/12 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ICT、情報・通信に関連する技術一般の総称で、ITとほぼ同様の意味です。
立て続けにweb会議システムを使った授業をいくつもやることになって、自分にとってのICTはすでに、教科書やペンと同様な感覚だなあと本当に思います。

ICTを使った日本語教育というのが、なんというか、自分の中では至極普通のこととして、よし!って奮い立たなくても普通にはじめられるようになったと言う感覚でしょうか。

そして、私の中では、ICTとアナログな教育手法が、喧嘩することなく共存中。
手段や道具としてICTはどんどん使うけど、ヒューマンリソースがそこになくては、やはり効果もないと思います。

私は、ここ10年近く、日本語教育とかかわる様になって、ICTともかかわる様になって、そう思うようになったけど、今の子供達なんて、共存するとか考えないまま、ICTと共存して育っていくんですよね。


ICTを使うからこそ、そこからでもにじみ出るいい教師になりたいなと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私にとってのICT、そして日本語教育 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる