日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツで聞いたこと諸処

<<   作成日時 : 2012/03/24 08:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

今回は、ドイツ語圏の大学で日本語を教えていらっしゃる先生方の研究会でしたが、ドイツでは主に、大学、市民学校(正式名称忘れました)、ギムナジウムなどでの学校教育で日本語が行われており、市民学校で日本語を学ぶ人も多いそうです。ちょうど、同じ日程でこちらの研究会も行われていたそうです。

お話を伺ってびっくりしたのが、学生数の多さです。最近では、毎年150人前後の新入生が入ってくる大学も多く、一クラス40人とかザラだとか。大人数といえばアジアの国々で、ヨーロッパは少人数なんだろうと勝手に思い込んでいましたが・・・。ちなみに、日本語だけがこういう状態かというと、これまたそうではなく、とある大学のある英語授業では、1クラス100人っていうこともあったとか!

ドイツだけでなく、フランスで教えたことがある先生によると、フランスでも大人数傾向はあるみたいですし、他のドイツ語圏の大学で教えている先生も「今年新入生が150人入ってきて・・・。教師は5人です。」とおっしゃっていたので、そりゃ大人数教室になりますよね。
当然、先生足りず。今回eラーニング・ブレンディッド・ラーニングというテーマになったのも、この辺りの事情の影響があったようです。そして、この辺、日本から遠隔で食い込んでいける可能性はあると思うのですが、大学にお金はないので、大学間協定の範囲での動きになるかなと思いました。

日本国内では、日本語学習者は世界的に減少傾向といわれていますが、ドイツに限っていうとそんなことはないそうです。何だかんだ言って、アニメ・まんが・ゲームの人気は根強いですね。そして、学習者が増えているといわれるのは、やはり心強い。

それから、これはノルウェーからいらした先生にうかがったのですが、理工系の学生が、ちょっと日本語を勉強したいというニーズもあるようです。そういう学生は、いきなり1年日本に留学!するほどでもないので、ちょっと留学してみたい。それでよければ、その後のことを考えるという感じだそうです。こういうの聞くと、うちのボス(って誰だww)は、先見の明があるなあと感心したり。

ドイツでの日本語教育ですが、多くはないものの日本の高校に当たるギムナジウム(といっても大分制度は違うようですが)などでも行われていて、ケルン大学に日本語で教員免許を取るための学科ができたそうです。ちなみにドイツの教員免許は、数学や物理や化学、歴史、ラテン語、宗教などの基幹科目から1つ、そのほかから1つ、教えられる科目を2つ持つことが義務で、日本語はもちろんその他になります。

実際に日本語の教員免許を持つ人材が輩出されるのは数年後のこととなりますが、その後は毎年10名程度日本語で教員免許を持つ人材生まれることを考えると、学校教育のカリキュラムに日本語を取り込むことを積極的にプロモートしていかないと、せっかく育てた人材の行き場がない・・・と担当されている先生が話をされていました。学生の負担は大きくなりますが、教員免許をもう1つ取って教えられる科目を3つにすることなども考えていると。

こういうことを始めた当初から考えているってのが、やはりシビアというかさすがだなあと思ったのでした。日本国内って、とりあえず始めてみよう!で、後から色々考えればいいや!というのが強いと思うんです(今話題のEPAなんてその際たるものと言えるかも)。でも、色々な問題って、最初からある程度想定できますよね。やはり、当初から想定しているのと、後から取ってつけたように急場しのぎで考えるのは、違うと思うんです。

で、150人入ってきた新入生ですが、ヨーロッパの常識、入るのは割りと簡単な大学、出るのはとっても難しい大学、で卒業するころにはある程度の人数にはなっているそうです。他力本願で自分は悪くない学生や、モンペもいるとのこと。この辺はもう、万国共通なんですね(--;)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
教員資格をとって食べていける体制にしているんですね。2つの資格があればどちらかで食べていけるように。日本の日本語教育の無計画性と対極にありますね。日本では日本語教育で食べていくのは大変です。
おもしろいレポートをありがとうございました。
MOMONOHANA
2012/03/24 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツで聞いたこと諸処 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる