日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 初心に帰る

<<   作成日時 : 2009/03/22 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は放送大学の恩師である姫野昌子先生と食事会でした。
私は、今年退官される姫野先生の、学部の2期生に当たります。

放送大で勉強するのは、割と孤独感が付きまといます。
特に、私のようにとにかく大卒資格がほしい!というようなタイプは、学習センターに行くのも試験や面接授業の時のみ。友達ができるわけでもない。
そんな状況で、はたして卒論、書けるのかなーと不安がありましたが、私の場合は大学卒業後、修士に進む希望があったので、あえて卒論に挑戦しました。
書類を出してしばらくして、なんと姫野先生から直接お電話があり・・・。
ゼミも、先輩と同期に恵まれ、みんなで助け合いながら卒論を書きあげることができました。
実際には半年くらいの期間だったと思いますが、今思い返してみても、大変密度の濃い時間だったと思います。

その時、副査になっていただいた杉浦先生にひっぱられ、今も放送大にかかわることができ、とてもよい友人もでき、放送大で勉強してよかったなーと常々思っているのですが、昨日はそれに加え、あの頃の気持ちを何となく思い出し、これから1年、博論に向かってがんがんやっていかなくてはいけない身としては、なんとなく気持ちが引き締まった気がします。
あの頃、日本語教育の仕事も始めたばかりで、閉塞感や将来への不安、なかなか卒業できない大学など、本当にやめちゃおうかなーと思うことも多かったのですが、途中であきらめないで、本当によかった。

これから一年間も、きっと不安が渦巻く一年になると思いますが、初心にかえり、あの頃の気持ちを思い出して、がんばっていこうと思いました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、姫野先生から直接お電話をいただいたときはびっくりどっきりでした。
現在脱線しまくりの私から見れば、着実に前進し続けている藤本さんはすごいなと思うし、とてもうらやましくもあります。
「がんばって」って言っていいかどうかわからないけれど、博論、がんばってね!
めしちゃん
2009/03/24 00:39
めしちゃん、
ほんと、あの電話にはびっくりしました〜(笑)。
私は結構惰性でやってる部分もあるんですよ、だからなかなかいいものができない・・・トホ。
子育てご苦労様です。
そっちの方が全然すごいと思うよ。
とるめんた
2009/03/24 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
初心に帰る 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる