日本語教育やってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾行ってきました&遠隔始まりました

<<   作成日時 : 2010/11/02 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とっくに行って帰ってきていましたが、なんだかばたばたして、ブログを書いてる気持ちになれず、放置しておりました・・・。

台北に行った時、ちょうどあちらは80年ぶり?という猛烈な台風に直撃されており、ニュースで特番はやってるけど、イマイチ内容はわからず、不安にドキドキ・・・。
しかも、1日目の晩に一緒にご飯を食べた元遠隔授業での教え子ちゃんの勤務大学は、その日強風で休講になったとか行って、えーーー、明日大丈夫なのぉ?とびびったのですが・・・。
台北には直撃しなかったため、なんとか大丈夫でした。
ちょうど、相手校を訪問した時に、2日間で一番の大雨が降って、大荷物だし紙袋だし、校舎の場所わからないし、泣きたくなりましたが、なんとかたどり着きました。
協力担当の先生が、心配そうに校舎の入り口で待っていてくれて、これまた泣きそうになるくらいうれしかったです。

学生さんにも来てもらって、簡単なアンケートをし、接続テストを。
そうなのです、一度でうまくいく試しはないweb会議(多分テレビ会議も)。
その日は、CALL教室というかコンピュータラボで接続を試したのですが、機材がイマイチ新しくない。そして、学生側のPCはかなり制限がかかっており、使うのは難しいかも・・・ということになりました。
大学って、最初に最新機器が入るんだけどその後なかなか新しくならなかったり、セキュリティの問題があったり、一般家庭でできることが意外とできなかったりするんですよね・・・。
その辺を事前に確認することが、大学間でweb会議やテレビ会議を使う場合などには大事だと思います。
結構急に決めた相手校訪問だったのですが、やっぱり事前に一度行って、あちらの様子を見ることはとても大事だと思いました。

学生さん達へのアンケートは、学習歴やどうして日本語を勉強したいのか、今回の遠隔コースに参加することにしたか、本当に簡単なものだったのですが、書かれた回答の不明な点をその場で確認することができて、短いなりに面白いものが出てきたと思います。

そして先週の金曜日から、遠隔授業が始まったのですが、これまた接続がなかなかうまくいかず・・・。
これも、想定の範囲内ではあるんですが、やっぱり来てくれている参加者の子達に悪くて、どきどきしちゃいました。
ああいうものの接続ってなんだかコツみたいなものがあって、それがつかめないと変なところでうまくいかないことがあるのですが、最終的にうまく接続できたので、多分次からは大丈夫なんじゃないかと思っています。

まだまだ、もたもたすることはあるだろうなあ。
TAのリュウちゃん、初めての体験だし。
彼にとっても、何か得るものがあるコースになるとイイナと思います。
おいまくられるけど、遠隔コースをしている時は、やっぱりワクワクする。
研究とか博論とか、そういうの関係なく、本当に楽しいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾行ってきました&遠隔始まりました 日本語教育やってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる